ごあいさつ

国本委員長この度は、京都TSUBASU花火大会実行委員会主催の祭りにご理解・ご支援いただき誠に有難うございます。
京都には歴史ある沢山の祭があり、そこには文化と人々の想い・志が詰まっていると感じています。
その中の一つ、私たちが主催する祭りは、『京都を元気に、人々の笑顔を作りたい』との想いから始まりました。

昨年、自分たちができる事を模索した時この祭りを通じて『震災の事を忘れず応援し続ける未来の宝である子供たち笑顔になる時間・チャンスを作り続けたい』と考えました。
私たちは、普段の仕事を通じて、食の分野で多くの方々から笑顔をいただいています。

今年の祭りは、その食の分野はさることながら、子どもたちの思い出に残る「花火」「ステージ演出」にもチャレンジしていきます。

私たちは、会の名前である「ツバス」という魚のように成長の途中です。
今までもそうでしたが、多くの方のご指導ご鞭撻、ご協力が必要であります。どうぞ、この祭にかける想い、志をご理解いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

自分自身も三人の子供を持つ親として、京都で生まれ育った1人の人間として「未来へ繋いでいける祭」「京都の財産となる祭」にしてきたいと考えています。
日々の忙しさに、親子のコミュニケーションの機会も十分に取れない家庭も多くなっている昨今、凝縮された時間の中でとびっきりの笑顔・思い出が未来の宝である子供たちに生まれるように、お越しいただく全ての方が笑顔になれるように邁進してまいります。
感謝

京都TSUBASU祭り実行委員長 国本 忠義


私も応援しています。

京都市長 門川大作一昨年私も参加した「チャリティー秋祭り2011」に来場された方々の大満足の笑顔が,昨日のことのように思い出されます。
当日はたくさん元気を頂戴しました。
お祭りの収益金は市内の児童福祉施設に寄贈されるなど,京都TUBASU会はこれまでも様々な社会貢献活動に積極的に取り組んでこられ,今回の「京都TSUBASU春祭り 2013」における収益金においても,東日本大震災の復興支援と市内の児童養護施設へ寄付される予定と伺っております。その尊いお志に,心から敬意を表します。

また,「京都TSUBASU春祭り 2013」では「子どもたちの笑顔が見たいんや!!」をコンセプトに線香花火でギネス世界記録™に挑戦されると伺いました。
その壮大なチャレンジに私も心を躍らせています。
京都市でも,「未来こどもプラン」に基づき,社会の宝であるすべての子どもたちを笑顔にするための取組に挑戦しているところです。
同じ目標を掲げる今回のお祭りが成功することを,心からお祈り申し上げます。

京都市長 門川 大作

※ギネス世界記録™はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

Copyright © 2013 京都TSUBASU祭り実行委員会. All Rights Reserved.